少し変わったバイト

私は以前珍しいバイトをしていました。各家庭や消火栓などを調べて回り、水道管が漏れていないかをチェックする漏水調査員というお仕事です。求人案内に載っており、好奇心で応募した結果短期間でしたが働かせて頂きました。
 具体的な仕事内容としてはまず水道局から調査依頼を受けるところから始まりますが、さすがにこれにはバイトは関わりませんでした。決まった後は任された範囲を実際に回っていきます。一人一人に地図を渡されますが田舎などではまだ井戸から水を引いている家庭があり、その場合調査の対象外となります。現地までは車で移動し、そこからは各自自分の足で回っていくこととなります。音聴棒という金属製の棒で水道管を耳で調べて異常があれば精密機器などを使い詳しく調べ、ドリルを使って穴を掘り、水道管が破損している場所をピンポイントで調べます。そして水漏れの量や種類、大雑把な図面を書いて水道局に提出する。期間内にこれを繰り返し、担当する地域全部を調べていきます。
 この仕事のよい所としてはやはりインフラ整備に関わることなので人のためになっているという実感があります。知名度が低いので水道料金の徴収と間違われることが多く、詐欺か何かではないかと疑われることも時にはありますが好意的に接してもらえることが大体で、このことがやる気にも繋がります。

京橋風俗情報なら★

大阪エリアのアルバイト求人。バレない高収入の稼ぎ方

中折れやedとは

女子高生のエッチなビデオを楽しめます!

大阪にある風俗店の高収入求人はこちら